中古マンションを売るか貸すか

中古マンションを処分する時の多い悩みは、「中古マンションを売る」か「中古マンションを人に貸す」かという悩みです。特に最近では、「不労所得」の代表として不動産投資が人気があります。このため、「売らずに貸して家賃収入を得たい」という選択肢を考える方が多くいます。

 〈中古マンションを貸すことによるメリット〉
①月々の収支が黒字化しやすいメリットがあります。 住宅ロ ーンで買った中古マンションの場合、住宅ロ ーンの特性が使えます。「金利が低 く」「期聞が長く」「毎月の返済額が少ない」ということです。よって、月々の収支で黒字化しやすいといえます。
②分譲貸しのため賃料を高めに設定できるというメリットもあります。 分譲マンションを貸し出すには、 一般の賃貸仕様のマンションと比べて、同じ間取りでも設備がよく、賃料も高めに設定しやすいメリットがあります。
③不動産所得として経費算入できる費用が発生します。経費で落とせます。

不動産を貸すことには、多くのメリットがあります。その反面、デメリットやリスクも あります。売るか貸すのかを判断する場合は、このメリットとデメリットを見きわめてい くことが非常に重要です。
自己所有の中古マンションを貸し出すことで、今までただ支払っていた費用が、不動産所得上の経費として計算できます。住宅ローン金利、固定資産税、管理費、減価償却費、改装費用等が経費として計上でき、控除の対象となります。