中古マンション売却の流れ

中古マンション売却のプログラム(流れ)を知ることは、スムーズな売却を可能にします。
大まかな中古マンション売却の流れを説明します。流れの中の細かいノ ウハウについては細かく説明していきます。 中古マンション売却のステップは細かく分けて段階があり、それは「売りに出すま で」「売り出し中」「買主が現われてから」と、大きく3つに分けられます。
〈売りに出すまで〉
①不動産業者に連絡する まず不動産業者に連絡し、あなたのマンションを売りたいことを伝えましょう。
②面談・査定 不動産業者にマンションを直接見てもらい、査定してもらいます。 このとき「売却の理由」や「希望」もしっかり伝えましょう。
③媒介契約 査定を見て、説明を受けた後に、売却を依頼する不動産業者を決めます。 〈売り出し中〉
④売却活動開始 不動産業者が、いよいよあなたのマンションの売却活動に入ります。
⑤内覧希望者の案内 売りに出しているあなたのマンションの内覧希望者をご案内します。
⑥購入申込書の受領 マンションを買いたいというお客さんから、購入申込書を受領します。
⑦契約までの準備 売買契約の準備として契約の諸条件を詰めていきます。
⑧売買契約 買主と売買契約を締結します。
⑨決済までの準備 決済をスムーズに行なうための準備をします。諸費用や引き渡すものの確認などです。
⑩決済・引渡し 売買代金の全額を受領し、引渡し(鍵の授受)を行ないます。
ざっくりとした流れですが、まずこれを把握しておいてください。もちろん完壁に覚える必要はありません。「次はあれがあるな」程度で構いません。中古マンション売却がどのように進んでいくのかという流れさえつかんでいただければ結構です。